たるみ対策に効くツボ

「自分でできるたるみ対策のひとつ」として、ツボ刺激もおすすめです。

 

素人でも場所が分かりやすく、刺激しやすいたるみ対策ツボをいくつかご紹介しましょう!

 

頬のたるみ対策に役立つツボ

 

たるみ対策ツボの中でも、特におすすめしたいのは、「頬車(キョウシャ)」というツボです。

 

このツボは頬のエラ部分の近くの、「口を開けるとくぼみができる場所」にあります。

 

人差し指の腹で、「痛気持ちいい」というくらいの強さで、下から上に押し上げると効果的ですよ。

 

ほうれい線対策に役立つツボ

ほうれい線対策に役立つツボとしておすすめなのは、小鼻の脇にあるくぼみ部分に存在するツボ「迎香(ゲイコウ)」です。

 

小鼻の脇のくぼみを、両手の人差し指の腹で、ぐっと「眉間方向に向かって斜め上」に刺激するのが効果的ですよ。

 

首とあごのたるみ対策に役立つツボ

 

首とあごのたるみ対策に役立つツボとしておすすめなのが、あごの真下のくぼみの部分に存在するツボ「上廉泉(ジョウレンセン・カミレンセン)」です。

 

このツボを親指の腹でググッと押し上げるように刺激するだけで、首とあご、両方のたるみ対策に役立つと言われています。

 

ただし、あまり強く押しすぎると気持ち悪くなる可能性がありますので、気をつけて下さいね。

 

ツボ刺激、おすすめのタイミングは?

 

たるみ対策に役立つツボをいくつかご紹介しましたが、これらのツボ刺激をやるのに特におすすめのタイミングは「入浴後から就寝までの間」です。

 

入浴で体が温まった状態だと、ツボ刺激による血行促進効果・リンパの流れ改善効果・筋肉の緊張ほぐし効果がより高まり、さらにツボ刺激の心地よさによってリラックス効果が得られるので、安眠・快眠の実現にも役立つのです。

 

逆に、ツボ刺激をしてはいけないタイミングは「飲食後30分以内」です。
なぜかというと、飲食後は胃に血液が集まるので、ツボ刺激でその流れを変えてしまうと、消化に悪影響を与えてしまうリスクがあるからです。

たるみを改善するおすすめのツボを紹介関連ページ

たるみ解消のフェイスマッサージ
顔のたるみに有効なのがマッサージ。正しい方法で続ければ確実に効果が現れます。この機会に実践してみましょう。
顔のたるみを解消する耳もみ
顔のたるみを解消するには「耳もみ」が効果的です。ここではその耳もみについての方法を紹介します。
美顔器使用の注意点
最近流行のコロコロローラー。コロコロするだけでリフトアップすると話題になっています。しかし、一歩間違えたら余計なたるみの原因になってしまいます。
表情筋エクササイズ
表情筋を鍛えると顔が引き締まり、若々しい印象になります。普段表情をあまり変えることがない人ほど、表情筋エクササイズをやってみましょう。
page top