たるみを引き起こす要因「ストレス」

ストレスは美容と健康の大敵として知られていますが、たるみの発生にも大きく関わってきます。

 

ストレスがたるみを引き起こすメカニズムについて知っておきましょう。

 

@活性酸素を増やす

 

ストレスがたるみを引き起こす理由としてまず、「活性酸素を増やし、細胞そのものを老化させる」というのが挙げられます。

 

活性酸素は、細胞のひとつひとつをさびつかせてしまう恐ろしい存在。
顔の筋肉が老化すれば肌を支える力をなくしますし、肌細胞が老化すれば、弾力を失ってシワシワタルタルの状態になります。

 

ちなみに、なぜストレスで活性酸素が増えるのかというと、強いストレスを受けると、緊張と興奮をもたらす副腎皮質ホルモンを分泌するよう、副腎に指令が出されるます。この副腎皮質ホルモンの分泌と分解の際に、活性酸素ができるのです。

 

つまり、ストレスが強ければ強いほど、そしてストレスを抱えている時間が長ければ長いほど、脳からの副腎皮質ホルモン分泌指令も強く長い状態になり、より多くの活性酸素が生まれてしまう、という結果を招くのです。

 

 

A睡眠の質を下げる

 

ストレスがたるみを引き起こす理由としては「ストレスが原因で睡眠の質を下げてしまい、せっかく眠っていても眠りが浅いため肌のターンオーバーがうまくいかなくなる」というのもありますね。

 

何かいろいろ気になって寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚める、などといった症状のある人は、ストレスによる睡眠障害が起こっていると考えられます。

 

 

B血行が悪くなる

 

ストレスを感じると、神経・筋肉に緊張状態が生じて、血管が収縮します。
血管が収縮すると、血液によって運ばれる栄養や酸素の量が減り、老廃物の排出も効率ダウンしてしまう、ということで、肌老化を招く原因となってしまいます。

 

 

こうして見ると、ストレスというのは「たるみを生み出す原因だらけの存在」と言えますね。

ストレスで肌のたるみが進行する!?関連ページ

乾燥
冬になると増える乾燥肌のトラブル。実は乾燥も肌のたるみを招く要因なのです。どうしてそうなるのか見ていきましょう。
紫外線
紫外線はシミの原因だと思われていますが、それだけではありません。実はたるみも招くのです。紫外線がたるみを招く理由を見ていきましょう。
生活習慣
たるみには何気ない生活習慣が関わってきます。どのような生活習慣がたるみに繋がるのか、見ていきましょう。
たるみと栄養不足
ダイエットのために食事制限をしている方もいるのではないのでしょうか。その食事制限による栄養不足が肌のたるみの原因になっている可能性も。
たるみの原因になる習慣
たるみになる原因は日常のいろんなところに隠されています。何気なくやっていないか確認してみましょう。
骨盤の開きとたるみ
骨盤の開きは体に様々な不調をもたらします。実はたるみも引き起こす要因になるのです。たるみと骨盤の開きはどのように関係してくるのか、見ていきましょう。
page top