表情筋を鍛えるエクササイズ

「表情が乏しい人の顔は、たるみが出やすい」とよく言われます。
これは、表情を動かすことによって表情筋が鍛えられ、その表情筋が肌を支えることで、たるみ予防につながるからだと言われています。

 

というわけで、表情筋を鍛えるエクササイズをやってみましょう!

まずは口角を上げてみよう!

 

表情筋を鍛えるエクササイズとしてまずおすすめなのは、「鏡の前で、意識的に口角を上げて笑ってみる」ということです。
口は軽く開けた状態にして、「左右の口角をきっちり上げる」ということを意識して笑ってみましょう。

 

口角を上げて5秒静止して脱力、これを5回ほど繰り返すのがおすすめです。

 

「ガム噛み」はスグレモノのエクササイズ!

 

誰にでもやりやすい、自然に表情筋が鍛えられる簡単エクササイズとしておすすめしたいのが「ガムを噛むこと」です。

 

ガムを噛む行為は、頬回りの筋肉をしっかり動かすことにつながります。

 

ガム噛みエクササイズの最大のポイントは、「左右の歯で均等にガムを噛む」ということを意識することです。

 

左の奥歯からガムを噛み始め、左の奥歯→前歯→右の奥歯→前歯→左の奥歯、という感じで口の中でガムを何度も往復移動させる、というやり方がおすすめですよ。

 

ちなみにガムを噛む時間は、20分程度がおすすめです。

 

表情筋エクササイズ最大のタブーとは

 

さて、次は「表情筋のエクササイズにおける最大のタブー」についてお話ししましょう。世の中には様々な表情筋エクササイズが紹介されていますが、その中で絶対にやってはいけないのが「異様なほどに大げさに表情を作るエクササイズ」です。

 

これをやると、不自然な表情で強く引っ張られた肌が伸びきってしまい、それがシワやたるみを作り出してしまう可能性があるんですよ。

 

特に「口を限界まで大きく開けた上で、表情を大げさに動かすタイプのエクササイズ」は、肌引っ張りのリスクが大きいので厳禁ですよ。

表情筋エクササイズで顔のたるみを解消関連ページ

たるみ解消のフェイスマッサージ
顔のたるみに有効なのがマッサージ。正しい方法で続ければ確実に効果が現れます。この機会に実践してみましょう。
顔のたるみを解消する耳もみ
顔のたるみを解消するには「耳もみ」が効果的です。ここではその耳もみについての方法を紹介します。
美顔器使用の注意点
最近流行のコロコロローラー。コロコロするだけでリフトアップすると話題になっています。しかし、一歩間違えたら余計なたるみの原因になってしまいます。
ツボ押し
顔のたるみを解消するにはツボ押しがおすすめ。自分の気になる部分をピンポイントでケアできるので、時間があるときに実践してみましょう。
page top