保湿成分の重要性

スキンケアによるたるみ予防・改善のためには、肌のハリを演出するためのコラーゲンまたはコラーゲン生成サポート成分が必要。

 

ですがもうひとつ、どうしても不可欠な成分があります。

 

それは・・・「保湿成分」です。

 

保湿成分が必要な理由

たるみ予防・改善のためのスキンケア用品に保湿成分が必要な理由は、言うまでもなく「肌の乾燥が、たるみを生み出す要因になるから」です。

 

ターンオーバーの乱れや乾燥ジワ、さらには「バリア機能の低下によって外部刺激のダメージがまともに皮膚内部まで伝わってしまう」などといったさまざまな理由で、たるみを引き起こしやすくなります。

 

だからこそ、角質層の中でしっかりと水分を保ち、肌にうるおいを持たせてターンオーバー正常化・乾燥ジワ予防・バリア機能の回復・強化をすすめていくために、保湿成分は欠かせない存在となるのです。

 

それに、肌のはりを演出するためのせっかくの成分も、ある程度肌にうるおいがなければうまく浸透しません。
からからに乾いた土が水を吸いにくいのと同じ理屈です。
成分の効果をしっかりと発揮させるためにも、保湿することは不可欠なのです。

 

おすすめの保湿成分

というわけで、保湿成分というのは、たるみを発生させてしまうリスクが高い「肌の乾燥」を改善するために不可欠な成分であると言えます。

 

保湿成分はいろいろありますが、やはり、一番のおすすめは「セラミド」です。
肌細胞間で水分を保つので、肌の中でバランスのいい保湿を実現しやすいのです。

 

特に、人の肌と相性のいい「セラミドナノスフィア(ヒト型ナノセラミド)」がおすすめですよ。

 

また、いくつかの保湿成分を複合した、オリジナルの複合保湿成分を配合しているものもありますので、こちらも注目です。

 

ディセンシアの【アヤナス】シリーズに使われている「ヴァイタサイクルベール」や、ビーグレンの「QuSome ハイドレーション コンプレックス」などが、おすすめの複合保湿成分の例として挙げられます。

たるみを解消するには保湿が肝心!関連ページ

スキンケアによるたるみ予防・改善のカギとは?
スキンケアによるたるみ予防・改善のために、有効成分として何が必要でしょうか? ここではそれをご説明しましょう。
オールインワンコスメでたるみ解消できる?
最近流行っているオールインワン化粧水。ひとつで化粧水・乳液・美容液の役割が果たせるということで便利ですが、たるみ解消効果はあるのでしょうか。
たるみを予防するスキンケアテクニック
せっかくたるみ解消に効果のある成分を取り入れるなら、その効果を余すことなく享受したいものです。そのためのスキンケアのコツを紹介します。
たるみを招くクレンジング・洗顔と正しい方法
クレンジングや洗顔は一歩間違うとたるみの原因になってしまいます。どのような方法が間違いで、正しい方法はどのようなものなのか、紹介します。
page top