スキンケアはオールインワンより3〜4ステップのものがおすすめ!

スキンケア用品と言えば、近年オールインワンタイプのものが人気を集めていますよね。

 

確かに、オールインワンだとスキンケアの時間が大幅に短縮できる、という点がとても魅力的に思えます。
しかし、「ちゃんとたるみ対策をしたい」というなら、オールインワンよりも、従来の「化粧水・美容液・乳液またはゲルまたはクリーム」などの、3〜4ステップのもののほうがおすすめなのです。

 

3〜4ステップのスキンケアには意味がある!

 

化粧水をつけて、そのあと美容液をつけて、さらにそのあと乳液またはゲルまたはクリームをつける、となると、確かに、手間はかかります。

 

しかし、この「スキンケアの手間」には意味があるのです。

 

たとえば化粧水には、肌にうるおいを与えて、美容液や乳液・ゲル・クリームなどの有効成分が、肌にまんべんなく行き渡りやすいようにする、という役割があります。
また、メーカーによっては「化粧水よりさらに前に、より肌への行き渡りをよくするための先行美容液をつける」というものもありますね。

 

また、化粧水や美容液など、「水分と保湿成分が多く油分がほとんどない」というものを先に肌につけてなじませておくことは、とても大切なのです。もし、油分の多い乳液やクリームなどを先につけると、そのあとで化粧水や美容液をつけても、「油分の膜で浸透性が悪くなってしまう」という問題が出てくるでしょう。

 

そう、スキンケア用品のあの3〜4ステップは、「そのスキンケア用品の成分が、もっともよく浸透して、もっとも高い効果を出せるようにするためのステップ」なのです。

 

オールインワンの浸透性は発展途上

 

というわけで、3〜4ステップを踏まえるスキンケアというのは、「有効成分をしっかりと生かすための、理にかなったスキンケア」と言えます。

 

これに対して、オールインワンは、それひとつですべての役割をこなす、ということになりますから、当然のことながら、乳液やクリームに相当する成分も入っています。

 

だからこそ、現在発売されているオールインワンもののほとんどは、「まだまだ浸透性が発展途上」というのが現実。

 

これからさらにナノテクノロジーが進化するなどして、いずれは「本当に、オールインワンのワンステップだけで、肌への高い浸透性がある」というものも出てくるかもしれませんが、私が知る限り、「浸透性の高い化粧水や美容液に匹敵するほど、スッと肌にすぐなじむオールインワン」というのは、経験したことがありません。

 

スキンケアによるたるみの予防・改善には「有効成分の浸透性」が大切になってきますから、今のところは「オールインワンよりも、従来どおりの3〜4ステップをかけるスキンケアのほうがおすすめ」というわけです。

たるみ解消にはオールインワンよりライン使いコスメを!関連ページ

スキンケアによるたるみ予防・改善のカギとは?
スキンケアによるたるみ予防・改善のために、有効成分として何が必要でしょうか? ここではそれをご説明しましょう。
保湿の重要性
乾燥肌のケアに欠かせない保湿。保湿すると乾燥肌の改善からたるみのケアにもなります。
たるみを予防するスキンケアテクニック
せっかくたるみ解消に効果のある成分を取り入れるなら、その効果を余すことなく享受したいものです。そのためのスキンケアのコツを紹介します。
たるみを招くクレンジング・洗顔と正しい方法
クレンジングや洗顔は一歩間違うとたるみの原因になってしまいます。どのような方法が間違いで、正しい方法はどのようなものなのか、紹介します。
page top