体にいい油と悪い油とがある!

「たるみが怖いからと言って、油を何でも控えればいいというものではない」という理由はー同じ油でも、体にとっていい油と悪い油があるからです。

 

まず、悪い油とはどんなものか挙げていきましょう。

 

〇マーガリンや、お菓子に使われるショートニングに含まれるトランス脂肪酸
〇加熱や長期間保存などで、酸化した油

 

この2つは、「たとえ少量であっても、極力摂取しない方がいい油」です。

 

体に悪い油と言えば、肉の脂などの「動物性脂肪」が有名ですが、その動物性脂肪よりも、トランス脂肪酸や酸化油は体に悪いのです。
どちらも、活性酸素を大量に発生させ、細胞老化を引き起こす要因となってしまうんですよ。

 

ちなみに、「悪い油」とよく言われる動物性脂肪も、摂りすぎるとコレステロールが心配になるのは事実ですが、少量の摂取程度なら、それほど問題はありません。

 

「害の大きさの度合い」で比較すれば、たとえばパンに塗るならトランス脂肪酸のかたまりであるマーガリンよりも、動物性脂肪のバターのほうがはるかにマシなのです。

 

体にいい油とは?

 

では、体にいい油とはどんな油でしょうか?

 

まず挙げられるのが、必須脂肪酸であるオメガ3です。
オメガ3は、えごま油や亜麻仁(あまに)油に豊富に含まれており、血液をサラサラにしたり、健康な細胞膜を作ってエイジングケアをしてくれるという嬉しい作用があります。

 

オメガ3は細胞膜構成に欠かせない油ですので、脂肪酸の中でも真っ先に使われるのが特徴ですから、「体に溜まって体脂肪となる」というリスクはきわめて低いのです。

 

ただし、これらの油は「加熱に非常に弱い」という弱点を持っているので、加熱調理には使わず、「サラダなどにかける」「ハチミツやジャムと混ぜてパンに塗る」などといった工夫で摂取するのがおすすめと言えるでしょう。

 

加熱調理にも使える「体にいい油」としては、オリーブオイルが挙げられます。
こちらは、便の流れを良くして、便秘解消で美肌と健康を守ることに役立ちます。

 

オリーブオイルも「腸などであまり吸収されない」という特徴を持っているので、サラダ油などと比べると吸収されにくいです。

 

えごま油・亜麻仁油・オリーブオイルなどの「体にいい油」については、摂取を無理に控える必要は、まったくありません。
むしろ健康効果のほうが大きいので、「体に悪い油を減らした分、これらの油を適量摂る」という形に変えるのがおすすめと言えるでしょう。

良質な油を摂ってたるみを解消!関連ページ

食べ方・食べる時間
たるみ肌にならないためには、食べ方にも気をつけましょう。食べる時間や食べ方など、あなたの習慣は大丈夫でしょうか?
page top