たるみ対策に必要な栄養素

たるみ対策のためには、食生活においても工夫をすることが必要です。

 

中でも重要なのは、肌細胞や筋肉組織を作るための原材料として欠かせない「栄養素」です。

 

どんな栄養素が、たるみ対策に特に必要となってくるのでしょうか?

 

まずはたんぱく質を摂ろう!

 

たるみ対策のために、積極的に摂取したい栄養素としては、「たんぱく質」が挙げられます。

 

たんぱく質は、体内で分解されてアミノ酸となり、そして、そのアミノ酸が結合して、コラーゲンや筋肉組織となっていくのです。
つまりたんぱく質は「肌細胞を構成するためのコラーゲンや筋肉の原材料」と言っても過言ではありません。

 

それなのに、「女性はたんぱく質の摂取が不足している人が多い」というのが現実。
「たんぱく質はカロリーが高い」というだけで避けてしまいがちなのです。

 

実際は、たんぱく質はコラーゲンや筋肉組織なその細胞形成のために最優先で使われる栄養素ですから、体脂肪になってしまうことはまずありません。
ですから、「太らないためにたんぱく質を控える」というのは、ナンセンスなのです。

 

健康な肌と筋肉でたるみを予防・改善するためにも、たんぱく質食品はしっかりと摂りましょう!

 

たんぱく質を多く含む食品としては、肉・魚・卵・大豆製品などが挙げられます。
また、おやつであれば、ゼリーはたんぱく質が多いです。
ゼリーを固めるためのゼラチンは、その9割以上がたんぱく質だからです。

 

ビタミン類を摂ろう!

 

たるみ対策のためにおすすめしたい栄養素としては、ビタミン類も挙げられます。

 

その中でもまずおすすめなのが「ビタミンC」
コラーゲン生成を活性化させるだけでなく、抗酸化作用で「活性酸素による細胞老化」を食い止めます。

 

抗酸化作用が強いビタミンとしては、「ビタミンA・E」も挙げられますので、これらのビタミンもできれば一緒に摂りたいものです。

 

ビタミンCは生野菜やフルーツに、ビタミンAは緑黄色野菜に、そしてビタミンEはごま・ナッツ類・魚の卵などに多く含まれています。

 

他にもおすすめのビタミンと言えば、皮膚細胞の新陳代謝を早める「ビタミンB類」があります。
こちらは肉類(特に豚肉)に多く含まれています。

 

ですから、たとえば「生野菜サラダに砕いたナッツをかけ、緑黄色野菜と豚肉の炒め物もつける」という形にすれば、これらのビタミンがまとめて摂取できます。
豚肉にはたんぱく質も含まれていますから、その点でもおすすめですね。

肌のたるみを解消する食事記事一覧

 

「たるみが怖いからと言って、油を何でも控えればいいというものではない」という理由はー同じ油でも、体にとっていい油と悪い油があるからです。まず、悪い油とはどんなものか挙げていきましょう。〇マーガリンや、お菓子に使われるショートニングに含まれるトランス脂肪酸〇加熱や長期間保存などで、酸化した油この2つは、「たとえ少量であっても、極力摂取しない方がいい油」です。体に悪い油と言えば、肉の脂などの「動物性脂...

 
 

たるみの発生に意外と大きく関わってくる食生活の問題は、栄養面だけではありません。食べる時間帯やその量なども、影響を与えるのです。ここではそうした点についてお話ししましょう。夜遅い食事はたるみを生むたるみを予防・改善するためには、「夕食は、就寝3時間前に済ませる」ということが非常に大切になってきます。なぜなら、夕食から就寝までの時間が短いと、「若返りホルモン」とも言われる成長ホルモンの分泌に支障をき...